専業主婦の借り入れは即日融資に気をつけましょう

専業主婦がカードローンを利用して借り入れを行う時は、本人に収入が無いので、本人名義で申し込むことができません。そのため配偶者の名義で申し込むことになります。ですから収入証明はもちろんですが、本人確認の書類も配偶者の物を準備します。そして審査も、配偶者の信用情報を照合して、問題がなければお金を借りることができます。インターネットを使って申し込む場合は、カードローン会社のフォームに必要事項を入力し、書類はFAXかアプリで送ります。
ここで気をつけたいのは、消費者金融で借りる場合は、総量規制があるということです。この総量規制とは、年収の3分の1に当たる金額を、借り入れ限度額と定めるシステムです。借りられる金額が決まっているため、専業主婦が配偶者名義で利用する時には、事前に配偶者の同意を得ておく必要があります。特に即日融資はとても便利なのですが、消費者金融が多いため、その点には注意しておきましょう。
しかし配偶者には内緒にしておきたい、そのような場合には2つ方法があります。まず、総量規制対象外の消費者金融で申し込むことです。そしてもう一つは、銀行で申し込むという方法もあります。銀行は消費者金融とは異なり、総量規制が無いため限度額が存在しませんので、金額を気にせずに申し込みができます。もちろん、事前に同意を得ておく必要もありません。ただし総量規制が無いとはいえ、他からの借り入れ件数がかなり多い場合は、審査で落ちる可能性もあります。